更年期の汗はなぜ臭い

 

 

四十代を過ぎてから異常に汗をかくようになった。

 

 

 

そんな悩みはありませんか?更年期障害という言葉は誰もが聞いたことがあると思います。

 

 

実は更年期障害の中にはこの発汗も含まれており、異常なほどに汗をかくこともあるようです。

 

 

更年期の汗は上半身に書くことがほとんどです。

 

顔・首・脇・胸などの部分から汗が良く出るという人は更年期障害を疑った方が良いでしょう。そしてこの更年期に出る汗ですが、臭いが強いと感じる人が多いようです。

 

 

普通に汗をかいているだけなのに、なんだかいつもより臭い・・。

 

これも更年期にかく汗の特徴です。ではなぜ更年期の汗は臭いのか紹介しましょう。更年期に出る汗は通常の汗と違い、べとつくような汗となっています。

 

汗の濃度が濃く、汗にはアンモニア成分が多く含まれているからです。

 

またこのアンモニア成分が多く含まれていることで汗が蒸発しにくくなるので、臭いもいつまでも残ってしまうのです。上記のようにアンモニアが多く含まれていることが汗が臭い原因です。

 

これを対処するには、汗をこまめにふき取る事が大事です。

 

汗をかいたなと思ったらシートですぐにふき取る。これを繰り返すしかありません。他には婦人科に通って更年期障害の改善を目指すしかないのです。すぐには改善しませんが、きちんと治療すれば症状は軽くなっていきますよ。